覚え書き Blue Bird.4

2008.5.5 「ブルーバード.4」アズーアートキッズラボ作品展  
一般入場者100名強 作品参加者33名(5才〜14才)
c0035667_22522669.jpg




それに先駆けて、5.3(sat.)に全クラスで朝2時間、昼2時間、展覧会の準備をしました。作品の整理と作品に題名を付けてキャプション製作。ここで初めて絵と言葉が出会う。
「光る宇宙のうさぎ」「クルマの内臓」「カウント」「ひげセンセとパパのお散歩」etc. タイトルを考えるとき、またひとつ何か世界のヒントを発見できるような気がしてます。

昼食は前日から煮込んでおいた特製カレー(こども用)とハッシュドビーフ。
大量に御飯も炊いたのに、結局足りず、キッズのお母さんお二人がお釜ごと持ってきて下さりました。大人も子供も同じメニュー。これぞこどもの日展の準備にふさわしい。

お母さんは鰆木と一緒に昼食の用意、エプロン姿が光っていまいした。
お父さんは庭にテントを張り、こども達を引き連れて近隣をビラ配り(ポスティング)
毎年なぜか、キッズはこれが好きで、楽しみにしています。3つのグループに別れて計550枚を配布。市街地図を見ながら、ここは犬がいて怖かったとか、このマンションはダメとか、大小頭をくっつけて戦略をねりました。

おかげで今回は「ポスティングのチラシを見て来ました」っていう方が随分といらっしゃいました。 それに市外から「ブログを見て」って方も「誰も知らない〜」も機能しておりました!ありがとうございました!また、お時間の許す時にごゆっくりと遊びにお越し下さいませ。歓待します。


そして、5.5(mon.祝)例によって完徹で迎えたブルーバード.4当日、未明から小雨が振り出足の不安がよぎるものの、10:00開場を待たず観客が次々と訪れて、15時あたりまで流れが途切れることはありませんでした。アートキッズのご父兄、ご親戚、知人友人、学校関係、通りがかりの方、チラシ、ブログ、を見ての方、時間を忘れて作品を楽しむ方、一つ一つ驚嘆の声を上げる方、テントの下で落書きコナーに没頭する方、様々でした。今回この為に遠く横浜からこられたご家族が熱心に落書きコナーで絵を描いておられたのもには驚きでした。有難うございました。ゆっくりと愉しんで頂けたでしょうか?

ひがな1日、親子で、兄弟、姉妹で、お一人さまで、楽しんで頂けたらとても光栄です。 ただ、30時間ほどの立ち仕事ゆうのはもう来年から何とかしたいと・・・

展覧会終了後、例によって焼肉屋(七輪/田中町)に向かったのですが、足腰ガクガクで時速2.3.キロの歩くスピード(泣)女性や子供にガンガン距離あけられるワ、そらもう移動する屍状態。待ち時間1時間は流石に待てないので、その隣の銭湯「極楽温泉」で生中2杯と餃子とサイコロステーキで沈没。

なんぼこどもの日ゆうても、どこもお子様うるさ過ぎ(アズーのキッズはちゃいますが)。温泉は塩素入れ過ぎ!。

いつもキッズアートの展覧会は閉幕するのが惜しい気持ちになります。1日だけの展覧会って期間短か過ぎ!でもそこがまたハートにキュ〜っと来ますなア〜。
来年は2DAYSにしたろかな?

GW中の展覧会でレジャー派の方々には御迷惑をおかけしているかも知れませんが、地元でゆっくりする休日も或種、贅沢ではないでしょうか?旅行にいけない負け惜しみ?かな?(眠)毎年確実に地元の大人に昔の子供に勇気を与えてくれるキッズの作品たちでした。

Blue Bird.4 点描 
アトリエ入口からの眺め
c0035667_22514630.jpg

手前2クラス(小4〜6年)/中央4クラス(5才〜小6年)/奥JOJO(中学生)
c0035667_22535540.jpg

全クラスが出会った壁面
c0035667_22542775.jpg

時計とマップケースのある空間
c0035667_22565094.jpg

課題 ネクタイのデザイン(2クラス)
c0035667_225741.jpg

課題 ネクタイのデザイン(2クラス)
c0035667_22571820.jpg

課題「頭山」とスタジオ準備室と階段
c0035667_22573250.jpg

B2スタジオの展示、着彩クロッキー(4クラス)と課題「頭山」
c0035667_22574545.jpg

テントの下は「落書きコーナー」しかもリゾートフル!
c0035667_22581191.jpg

5.3(sat.)展覧会準備日の昼食は恒例のカレーライスとハッシュドビーフ!旨い!
c0035667_22582589.jpg

:AZURE ART LABORATORY:::::::::(C)(P)2008::::::::
[PR]
by azure-laboratory | 2008-05-19 23:07 | アート
<< 第35回 現代美術-茨木200... 覚え書き「本源寺*ハイカラマル... >>