「本源寺ハイカラマルシェ.2」              同時開催「超現代美術店ヴェルニサージュ.2 」

南から梅の便りも聞けるようになりました。
あいもかわらず更新の少ないブログ掲示板にもかかわらず
ちょくちょく見に来ていただきましてありがとうございます。
皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。 私たちは、
皆変わりなく、気楽に暮らしております。 
それは実に、かなり過酷なことでもあります(笑)



さて昨年11月に開催いたしました
「本源寺ハイカラマルシェ」は木枯らし1号の中
1200人の集客を記録し、出店ブースのみなさま
の手応えも高かったようで
ひとまず成功した感がありました。 

不要品のフリマではなく魅力たっぷりなレアな
品々のオンパレードにお客さまは「蚤の市体験」
を楽しんでおられました。
家具、衣料、食品、生花、雑貨など13店鋪が並び
 また、本堂の軒下ではミニライブが2グループ
(jute/ジブリ特集・玉屋バンド/スタンダード
ジャズ)あり野外気分を盛り上げました。

「超現代美術店・ヴェルニサージュ.1」は、
林 宰久(彫刻/鉄/茨木市) 
野村正則(3D/紙/茨木市) 
フジモトアキコ(オブジェ/紙・流木・他/豊中市)
米良美紀子(木/パズル/大阪市) 
と中澤照幸(レリーフ/オブジェ)
の5名が作品を野外展示しました。
c0035667_20313154.jpg

写真は、次回出場が決定した若林節子(右端)と
ヴェルニサージュ.1の出場者、


4.20も同様に「超現代美術店・ヴェルニサージュ.02」
を開催したく御案内させて頂きます。
今回も前回と同様に南の大門を入ってすぐ左側の
「鐘楼」とその周辺を会場にしようと考えています。

日頃の製作態度を変えない直球志向の方、
アートフェアを意識した可愛さ勝負の変化球の方、
硬軟ミックス戦略の方、実験精神旺盛な様など
軽やかに自在です。

画廊や美術館のような、エアコンに照明が整った
白い箱の中での発表とはまた一味ちがって、
人々のむき出しの好奇心や刻々と変化する
気象条件の中で「作品」が発話する
その瞬間の連続に瞠目せずにはおけない訳です。 
柔な美術が一寸野暮になる訳です。

●企画名称
「アートとアンティーク、ロハスな蚤の市
 本源寺ハイカラマルシェ 第二集」

●開催日:2008年4月20日(日曜日) 小雨決行  
 雨天中止の場合は翌週4月29日に延期予定。

●開催時間:午前10時〜午後4時 
 ブース準備/搬入開始 9:00〜 清掃片付け16:00〜

●開催場所:妙心寺派「本源寺」 境内 
 (567-0883茨木市大手町12−23)
 阪急京都線茨木市駅下車、
 徒歩5分/JR茨木駅下車 徒歩12分


同時開催
『超現代美術店ベルニサージュ.2 』〈出場を作家に依頼中〉

お寺には当然「墓」もあって、その横で自分の作品を並べてみて
「ああ生きてるうちにエエモン作らなあかんがな」とか
妙に励まされたりした訳です。
お寺の蚤の市の喧噪と静寂、その中に身を置いて大河の
ほとりにいるような気分を味わうのも酔狂ですよ。

中間手数料が一切ないので、どこで買うより超リーズナブル!
世界に1つだけの作品を御自分の手元に置くことはメチャ快感!
アーティストから直接購入できるなんてね。
ひやかし結構、コンテンポラリーアートをごく身近に、
至近距離で、LIVEで御覧下さい。
[PR]
by azure-laboratory | 2008-03-21 20:40 | アート
<< アズーミュージアム分室   ... 08.3.30 カンマーシュ... >>