神様からのプレゼントがピカピカ輝いていました

12.9 「FRIENDS Will be FRIENDS」         
アズーララクワイア ゴスペル クリスマスコンサート2007
13:30スタート!クリエイトセンター センターホール 

満員御礼!補助椅子60席全部出しても立見の出る盛況振りにクワイア、スタッフ大感激!で大感謝! 1階、2階、通路、補助席、540人強のオーディエンスの期待をふくんだ熱気。開演直前ホールの空調温度を2度下げて開演を迎える。

リズム、メロディー、ハーモニー、そして日頃体験し得ないボリュームと照明効果。
3才〜小6までのキッズクワイアから始まり、新人のバンビーズのステージを経て、レギュラーメンバーによるステージ。15分の休憩後、毎回クワイアのバックを努める信頼のララバンドの白熱のインストゥルメンタルから始まる第2幕は、バンビ+レギュラー=アズーララクワイア!さらにゲストダンサーが花を添える!
そしてララキッズクワイアを加えて圧巻のフィナーレへ!
c0035667_16245544.jpg

最終曲は楽聖ベートーベンからの人類への贈り物「歓びの歌」joyful jpyful !
そしてアンコールは昨年のクリスマスコンサートのアンコール曲「IMAGIN」で世界平和と美しく清らかな心をジョンの魂とともに唄い。フィナーレはイギリスが生んだ栄光のロックバンド「クィーン」のナンバー「FRIENDS Will be FRIENDS」では、「ともだちは、いつまでもともだち」と歌い上げます。大人になっても、年をとっても、遠く離れても、ずっとともだちでいたいと思う人がいる*
と唄うアズーララクワイア、アズーララキッズクワイア。

会場にいる全ての人が大きな渦の中にいて同じ時を過ごしている。そんな実感が共有できました。それはほんの一瞬の出来事であったとしても、聴衆と演者、照明と音響と映像、受付と会場とクワイアとバンド、新人と先輩、大人と子供、お年寄りと障害のある人、舞台と舞台裏。

音楽って良いよなあ〜。ステージって凄く凄く大変だけど素敵だよな〜。

終演後会場を後にする一人一人の顔には、
音楽の神様からのプレゼントがピカピカ輝いていました。いやホンマ。

*印はコンサートパンフレットのごあいさつからの引用




c0035667_16212845.jpg

【当日のプログラム】
第1幕 1部  AZURE LALA KIDS CHOIR(3才〜小6)
1. YOU'RE REVIVED
2. LOAD,I LIFT YOUR NAME ON HIGH
3. JUNGLE BELLS
4. THE LITTLE LIGHT OF MINE
5. SOON AND VERY SOON
c0035667_16224339.jpg

2部 BANBIES(新人クワイア)
1. FAITH
2. MY LIFE IS IN YOUR HANDS
c0035667_16241347.jpg

3部 REGULAR member
1. DO YOU KNOW HIM?
2. WE PREAISE YOU FOR WHO YOU ARE
3. HOLY, THOU ART GOD
4. IT'S TIME
(15分休憩)
c0035667_16231928.jpg

第2幕  AZURE LALA CHOIR
1. MAKE US ONE
2. AT THE TABLE
3. WPRSHIP THE LOAD
4. SILENT NIGHT
5. HAPPY XMAS
6. 上を向いて歩こう
7. JOYFUL JOYFUL

c0035667_16263735.jpg

アンコール
1. IMAGIN
2. FRIENDS WILL BE FRIRENDS


12.9 クリエントセンター センターホール
アズーララクワイア ゴスペルクリスマスコンサートに
お越し下さいましたすべてのお客さまに心より深く感謝致します。
また来年の年の瀬に同じセンターホールでお会い出来ますように。
クワイア、スタッフ、一同 
みなさまのお越しをお待ちいたしております。
ありがとうございました。
[PR]
by azure-laboratory | 2007-12-19 16:38 | ゴスペル
<< サンデーゴスペルワークショップ... アズーララクワイア ゴスペル... >>