幸福な一日 B.B.3

連休お忙しい中御高覧頂きまして誠にありがとうございました。
御近所の方、遠方の方、このブログを見てお越し下さった方、皆様にお会いできてお話しが出来、愉しかったです。日頃の実習作品を生でストレートに観ていただく事が出来てアズースタッフ一同たいへん光栄でした。

また来年も5/3にキッズたちと作品展の準備をしてカレーを食べる。5/5にテントの下で絵を描く。日頃あまりお話しの出来ない御父兄と絵についてキッズについて沢山お話しを聴くことが出来て良かった。この瞬間瞬間を大切にして行こうと思っています。次回、「BLUE BIRD.4 」をお楽しみに!!
c0035667_16231353.jpg




c0035667_16243125.jpg

作品を見ると作者のことが分かる。感情の起伏や精神的な趣向性など、図形認識はそのまま外世界の認識に直接繋がってます。また作品を見ているお客さんを見るとその人のことや家庭の感じが何とはなく分かるような気がします。色や形には無関心で名前とタイトルばかり見る人もいます。またその逆のパターンもあれば、会場の演出された空間自体を楽しむ人もいる。様々ですが、
やはり「わが子の絵」は一番人気です。(`ー`)/

Aちゃんの眼差し、Cちゃんの視座、Y君の見方、それぞれがこの世界と対峙し、格闘し、作品を見る者に重要なヒントを投げかけてくれるのです。まさしく旬の作品たちです。

キッズアートは親や親戚兄弟のためたけにある訳ではくて、大人のココロの栄養剤でもあり、地域と時代の財産なんです。そして、こどもは自分の作品や友達の作品によって成長して行く事もまた事実なのです。

庭先で白いテントが微風に揺れて、ペトッボトルの透明人間が日なたぼっこをし、こどもたちがお母さんお父さんと落書きをする。木馬も土の上にある。ときおり小鳥が訪れる、静謐で幸福な一日でした。
c0035667_16253725.jpg

今年もテントの下で自由制作をしました。小学2生のY君はこの日はじめて「遠近法」を披露してくれました。奥行きがあって迫力があった。一点透視図法!NHKのお絵書き番組で学んだそうです。技法はテレビでも教えてくれる。 ではアズーでは何を學ぶ? まず自分はどんな境遇にあったとしてもかなり幸福な存在やという事を知るところからはじめて、かけがえのない自分やということに気づいてもらいたい。画板の前で絵筆をとる前と、置いた後の時間。この時間の使い方みたいなもんを知らないうちに気づいて欲しい。Y君は充分にそうなっているようですが。
c0035667_1627250.jpg

美術の時間だけが重要ではなくて「美術制作の時間に挟まれている日常」が重要だということです。
芸術的な日常の為に「絵を描いている時間がある」と言うことも出来ます。

もしそうでないなら美術教室はカラオケやゲームセンターみたいにその時だけの単なる気晴らしになってしまいます。美術で気晴らしする人もいるから、もしそうならそれでも良いのですが、いつかアートの地下茎でつながった様々な事象と遭遇するときアズーの空気を思い出してもらいたい。この本は、この音楽は、この映画は、この食事は、この庭は、この人物は、どこかアズーと似ている。その類似から、また新しい何かが始まれば嬉しいのです。

来年「BLUE BIRD.4 」に並ぶ作品たちはどんな顔でどんなメッセージを発しているのでしょう?
思いは尽きません。

そして、その前に「アートキャンプ/旅する芸術.3」が8月26日(日)27日(月)と
「アズーミュージアム.07」茨木市立ギャラリー(阪急茨木市駅舎内/ロサヴィア2F)9月13日(木)〜18日(火)があります!。
また音楽学科ではアズーララクワイアとキッズクワイアが茨木フェスティバル7月28日(土)29日(日)に出演し、茨木市立クリエイトセンターホール12月9日(日)のゴスペルクリスマスコンサート2007を企画しています。語学学科ではアミュゲージの発表会「カンマ−シュピール.2」が秋に予定されています。
c0035667_1631335.jpg

また、「アンダーグランドレコパ](レコードパーティー)アナログレコードを聴く会/持ち寄り散財/US UK JP版聴き較べ利酒、利きレコ。 とか、「第四次焼酎の会」とか随時思い付いたら開催致しますのでブログは要チェックですヨ。さて、どこからどこまでがアズーなのか? さわらぎとなかざわがいる限りそこがAZUREです。(^。^)/
c0035667_16313042.jpg

5/3の展覧会準備日のカレーランチ(2種)
[PR]
by azure-laboratory | 2007-05-16 16:40 | アート
<< Azure Lala Choi... 5.5(Sat) 子供の日 第... >>