サンデーゴスペルワ−クショップお披露目ステージ

c0035667_1774198.jpg

年末のコンサート(06.12.10)を観て、ゴスペル歌ってみたい!という方が07.1/14から「サンデーゴスペルワークショップ」(計4回完結)で日曜日の朝、爽快にシャウトされています。成果の発表は2/4(日)橋本健二建築設計事務所2Fギャラリーフロア(茨木市春日3丁目13-9)にて行います。16:00開場16:30開演。入場無料。ゴスペルならびにALCに関心のある方は是非お越し下さいませ。詳しくは「太陽と青空の下で」http://aozorabimbam.at.webry.info/ をごらんください。当日、MINI BARあり。1ドリンク300円より。おつまみ100円より。ソフトドリンクと超美味スイーツもご用意させて頂きます。日曜日の黄昏れどきお散歩タイムでお越し下さいませ。相当幸福な目に会いますこと請け合い。

11.25 アズーミュージアムは、シ〜ン スタスタ ドサドサ ボワ〜ン
12.10 ゴスペルクリスマスコンサートは、キャーバタバタ スコーン ジ〜ン ウググ
11.04 アンダーグランドレコパは、ウオ〜 ホオ〜 オ〜 ン〜ン



アズーミュージアム’06 は6日間で800人を超える入場者と、33名の作品出品者、作品数や構成が日々変化する増殖型の展覧会。07年展もきっとおそらくそうなる。だから初日と千秋楽を見るとずしっと手応えがあって面白いこと請け合い。会場構成も昨年のラビリンス型からオープントラック型へ、空間の最大深度(いわゆる引き)約20mは既存の美術館なみ。日頃アトリエの実習では気づかない作品の全体と部分が見えてくるので大変面白い。ギャラリーに展示してはじめてこの作品「色っぽいなあ」とか「飛ばしているなあ」とか感じる部分もあります。

11.25(日)15.30〜1時間の公開ワークショップ。アズーアートキッズが登場して一心不乱に描き続けました。それは時間に座礁したままA4サイズを8枚とか15枚とか、勿論1枚を徹底的に描き込む作品もありましたが、皆描くこととイメージすることの快感に浸っていました。

課題は『変な生き物/変な人間』アズーアトリエのキッズでは変であることに大幅に価値を見い出していて、日頃からよく変さについては訓練されてます。しかも彼等は元気で礼儀正しく上品であります。こりゃ大変ですな。  (11.27〜12.1 茨木市立ギャラリー)

・アートキッズのWS終了直後・完成大壁面
c0035667_17241533.jpg

前日の舞台の仕込みからリハーサル。音響、照明、立ち位置等が綿密に確認され、当日の通し稽古でほぼ肩の力を抜ききって良い感じのコンディション。だったせいか、緞帳の後ろで武者ぶるいしてしまうクワイア。
となりの人に手をつないでもらって本番を迎えようとしてるクワイアもいた。

1曲目「WE WILL ROCK YOU」クワイアのクラップ&ステップ!中川誠十朗のヴォーカル!会場はいやが上にも盛り上がる。会場は超満員。それでもまだ立見OKの整理番号400番代後半のお客様が2階入り口に流れ込んでこられる、ありがたい、けどちートこわい〜(汗)当日券があると思ってこられた40名ほどのお客さまには結局入場制限で入場をお断りするしかなく申し訳ないことになってしまいました。

演奏時間2時間20分 全16曲 アンコール2曲 スタッフがアーティストがオーディエンスが幸福な時間を共有することが出来ました。アズーララクワイア初めてのホールでのコンサートは幸運に導かれひとびとの心の中にしっかりと音楽と平和の魂をハーモナイズできたように思います。さてこの感激と手応えを次回につなげて行くためにわたしたちがやるべき事は山積されています。まず集団の前に個人の自立の強化を戒めとしていきたい。一つの社会の理想が市民ゴスペルの極北にあるのかも知れない。(苦笑)んなたいそうな? (06.12.10 茨木市立クリエイトセンター・センターホール)
c0035667_1882860.jpg

・コンサートの模様を納めたDVDは3月中旬発売予定で現在編集中!


「アンダーグランドレコパ](レコードパーティー)
アナログレコードを聴く会/
持ち寄り散財/US UK JP版聴き較べ利酒、利きレコ。 

CHEAP THRILLS /BIG BROTHER&THE HOLDING CAMPANY (UK PRESS)LP
LOOK AT YOURESELF /URIAH HEEP (JAP PRESS)LP
POLNAREFF'S /MICHIEL POLAREFF (JAP PRESS)LP

SUGAR ME /LYNSEYDE PAUL (JAP PRESS)EP
SHE SOLD ME MAGIC(魔法) /LOU CHRISTIE
SIMON SAYS /1910 FRUITGUM CO.
AT THE YEARS GO BY(霧の中の二人) /MASHMAKHAN
YOU'RE SO VAIN(うつろな愛) /CARLY SIMON
A WHITER SHADE OF PALE(青い影)/PRCOL HARUM
翳りゆく部屋 /荒井由実
AMERICA /SIMON AND GARFUNKEL
GET BACK /ROD STEWART

RUBBER SOLE /THE BEATLES (UK PRESS)LP
RUBBER SOLE /THE BEATLES (JAP PRESS)LP
RUBBER SOLE /THE BEATLES (USA PRESS)LP
WITHE THE BEATLES (UK PRESS)LP
WITHE THE BEATLES (JAP PRESS)LP

HIGER AND HIGER /(USA PRESS)EP
YAMAMOTO KAKAPOTE/(FRANCE PRESS)EP

CHANGESONEBOOWIE /DAVID BOWIE (JAP PRESS)LP 
QUATRO /SUZI QUATRO (JAP PRESS)LP

AND MORE・・・・・・・・・・・・・・・・

(06.11.4 アズーB1スタジオ/17時〜11時) 参加者4名 濃い!
[PR]
by azure-laboratory | 2007-01-25 17:32 | イヴェント
<< 体が動く、ココロが踊る、音楽で... 現代美術-茨木・特集作家による... >>