エリオット・ジャクソンが                ララクワイアのリハにやってきた

茨木フェスティバルに向けたの最終仕上げのバンドリハーサルにアメリカからスーパーゴスペルシンガーのエリオット・ジャクソンさんがやってきた。いつも使っている上中条青少年センターの音楽室がニューヨークの教会のように本物の熱気に包まれました。
c0035667_2393457.jpg

7.25(土)は5:00pmSTART! 連続5年目の出演は茨フェス史上初?かな?踊りンピックとタイ記録かな?まそれなりに市民文化に足跡を残してます。 例年になく今年はゴスペル曲の他に、70年代ディスコナンバーのメドレーもありアフロビートが波打ちます。そしてゲストにエリオットを迎えて本格派のゴスペルで陶酔の境地へ!

7.25は南グランド特設ステージにお集まり下さい。損はしまへん!儲けもん!(またこればっか) ステージ終了後 エリオット・ジャクソンと100人で歌うクリスマス・ゴスペルワークショップ’09「100gos」のメンバー募集も受け付けています。Azure Lala ChoirのTシャツを着たスタッフから申込み用紙を受け取って下さい。
100gos専用サイトhttp://hyakugos.exblog.jp/

今週末が今から楽しみ!
お天気もきっとハレルヤ!
成長いちじるしいAzure Lala kaChoir とAzure Lala Kids Choir
に御期待下さい。
[PR]
by azure-laboratory | 2009-07-21 23:14 | ゴスペル
<< For one week af... 2日日記 >>