第34回 現代美術-茨木2007展 

Contemporary Art Ibaraki 2007 Exhibition
c0035667_2032772.jpg

会期●平成19年5月30日(木)〜6月3日(日)
   10:00〜19:00 ※最終日は17:00まで
会場●茨木市立生涯学習センター きらめきホール・多目的スタジオ 
   茨木市畑田町1番43号
主催●茨木市・茨木現代美術展実行委員会(茨木市教育委員会・茨木現代美術の会)
特集作家●
池田博子 (平面/高槻市)
中島順子 (平面・コラージュ/茨木市)
前土井里枝(絵画/高槻市)

アンデパンダン(無審査/無賞)形式のコンテンポラリーの美術展は珍しくその歴史は思いの外長い。いま新しい1ページが、皆さま目撃者になりましょう!
この展覧会のポスターとDMはがきのデザインとディレクションをアズーの中沢が担当しています。20年前にはわたしも特集作家の1人でした。ちなみにその時のもう1人の作家はあの(大成由子)お〜なり由子さんでした。(漫画家でイラストレーターで画家で文筆業)数々のキラ星が巣立って行きました。「過渡期」には「過渡期」の作品があり、会場がある様な気がします。駅や波止場、空港の様にトランジットの待ち合いで目にする光景は、この展覧会に似ているかも知れません。各自の旅程の途中でまた気楽に立ち寄ってもられたら嬉しいです。表現者として、観者として、受信者として。





ベテランからニューフェースまで、茨木市在住とは無関係で、全国からわたしの美術を持ち寄ります。最終日6/3(日)には15時より会場にて、特集作家を囲んでディスカッションがあり誰でも参加できます。また同日、10時から館内アトリエにて特集作家の前土井里枝さんによりワークショップ「大きな花を咲かせましょう」があります。【参加費無料】申込み制 定員20名程度、大きな和紙に大きな花の絵をみんなで描きます。描き方のコツは里枝さんに丁寧に教わることができます。画材等は企画側が準備していますので、汚れても良い服装でご参加下さい。レクチャーと実習の時間は合計で2時間程度を予定しています。完成作品は正面玄関ロビーに展示したいと思っています。キッズ、シニア、学生、主婦、おとうさん、どなたでも自分の花の絵が描けるとしたら?ナイスな正午前を過ごしましょう!ちなみに実行委員のわたくしもこっそり参加して花描いてます。

また、同展に出品する作品を公募しています。作品1点につき出品料1.000円 作品サイズはおおむね3メートル以内を最大と考えて下さい。作品応募規定の詳細とワークショップのお申し込みは茨木市教育委員会 地域教育振興課 文化振興係TEL072-620-1686までお問い合わ下さい。

作品の搬入は5/27(日)15:00〜19:00 茨木市立生涯学習センター きらめきホールに直接持ち込んで下さい。

デカイ空間に面白い作品を見に行こう!茨木中央図書館北隣、茨木市立生涯学習センター2F きらめきホール「第34回現代美術-茨木2007展」にて会場でお待ちしております! ぢゃね アートしなくちゃあ!!(なかざわてるゆき)
[PR]
by azure-laboratory | 2007-05-23 20:04 | アート
<< 第34回 現代美術-茨木200... Azure Lala Choi... >>