動いてる!  AZURE -APRIL- STELLA LIVE

c0035667_11275877.jpg


04・15 山本あかね
    (メゾソプラノ) 
+ 槙 智花 (ピアノ)

会場/MEG'S KITCHEN STELLA
大阪府茨木市主原町13-3
TEL 072-667-2121





ライブ 予定曲は

☆ビゼー オペラ「カルメン」より ハバネラ
☆モーツァルト オペラ「フィガロの結婚」より 恋とはどんなものかしら
☆ドビュッシー アラベスク
☆シューベルト ます
☆ガーシュウィン アイ・ガット・リズム
☆コスマ 枯葉
☆ピアソラ リベルタンゴ  ほか

山本あかね(メゾソプラノ)大阪音楽大学音楽部声楽科にてオペラから歌曲を学ぶ。卒業と同時に、箕面市在住の音大卒業生による「楽楽クラシカル」を結成。コンサートホール、イベント会場、ホテルのパ-ティー、福祉施設、ライブハウスなど様々な場所での演奏活動を行っている。2004年 ドイツ ハンブルグにて、トウーラニーシュッテットに師事。ハンブルグ合唱団に参加。2005年よりアズーアートラボラトリーにて語学学科(アミュゲージ)音楽学科(声楽クラス)講師として就任。


槙 智花 (ピアノ)神戸山手女子高等学校音楽科卒業。大阪音楽大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。小学生の時に関西フィルハーモニーと共演。兵庫県教育委員会主催「音楽の花束」に出演。

音大卒業と同時に「楽楽クラシカル」のメンバーとなり、数多くのステージで、ピアノソロのみならず、ピアノデュオ、バイオリン、フルート、声楽、マリンバなどの楽器の伴奏を手がけてきた。幼いころから、ピアノの前には何時間でも座って弾いていれるという、大のピアノ好き。クラシックをはじめ、映画音楽からジャズ、ポピュラーまで、幅広いジャンルをレパートリーとし、クラシックのピアニストには稀であるがアレンジを得意とする。これまでに、クラシックのコンサートホールの他に、心斎橋「クラブクアトロ」、クリスタ長堀特設ステージ、箕面Visola、心斎橋「グランカフェ」などでライブを行っている。現在は、マンスリーマタニティーコンサートを企画し、レディースクリニックでの演奏を行っている。
昨年は、うえださくら「ABCのうた」「お花のかぞえうた」のCDレコーディングに携わり、アレンジとピアノ演奏を担当した。


  アサバンの挽歌

c0035667_21284554.jpg


2006・04・22  浅見旬一  + ばんどうあきら
(上写真左 ばんどう 右 あさみ)


会場/MEG'S KITCHEN STELLA
大阪府茨木市主原町13-3  TEL 072-667-2121

両日とも PM7:00 START (1st STAGE)
      PM9:00 START (2nd STAGE)

チャージなし 投銭形式


浅見旬一(ソフトロック)1997年イマジンレコーズ(アズーミュージックラボラトリー)のオムニバスアルバムCD「Harvest」の収録された「雨に語る」でセンセーショナルなデビューをはたす。その後数々のアーティストの楽曲アレンジをてがけ、2000年12月、20世紀最後の月にファーストアルバム「空と空の下」エンドアンドトラックス(アズーミュージックラボラトリー)を全国発売。各地にコアなリスナーを作る。2004年1月、ユニットEdmondssonの「愛の言葉」は現在も全世界に配信されている。

ばんどうあきら(アーヴァンフォーク)2003年1月ファーストアムバム「花と空」をアズーミュージックラボにて製作。甘いマスクと歌声は多くのファンを魅了する。2005年「わしがつくたんじゃ」味ポンのCMソングのカップリング曲「さくら〜出会い〜」のアレンジとボーカルをつとめる。2006年「かえっておいでよ」で浅見旬一とアレンジを共作した。新展開をみせるか?ステラではひさしぶりの歌声と演奏を披露してくれる。

4月のステラはアズー月間ですな。
 
隠しテーマは
「狂気と異端の食卓/グリルロックとは何か?/人の一生における抑圧と解放」
[PR]
by azure-laboratory | 2006-03-31 21:34 | ライヴ情報
<< 06.5.5 祝/大安〈予告... 満員御礼 GS/こどもサ... >>